大豆レシチンの効果・効能について

大豆レシチンの効果・効能について

このサイトでは、大豆レシチンという色々な症状に効果的なサプリメントをご紹介してます。
大豆レシチンの効果・効能を知って上手に利用して症状の緩和などにお役立て下さい。

【サプリメントを健全に摂る為の注意事項】
・サプリメントの過剰摂取に注意してください。商品に記載されている用法、容量を守って飲んでください。
・サプリメントと薬の相互作用と言うものがあります。サプリとの組合せで薬の効果が強くなったり、逆に弱まったりする事です。 薬を飲んでいる場合は、担当医に相談してから飲んでください。

大豆レシチンとは

「大豆レシチン」について説明する前に、まず「レシチン」という成分についてお話したいと思います。

レシチンとは、黄色いリン脂質であり、動物や植物の細胞内に存在し、脳神経や神経組織を構成する重要な物質です。

「レシチン(lecithin)」という名称の語源は、卵黄を意味するギリシャ語レシトース(Lekithos)。

その名の通り、レシチンは、卵黄に多く含まれていることが知られていますが、実際には卵黄以外にも大豆、ピーナツ、酵母、うなぎ、レバーなどにも多くみられます。

レシチンが健康な毎日を送るのに欠かせない物質として注目されている理由のひとつに、その乳酸化作用があります。

「乳酸化作用」とは、水と油を結びつける働きのことです。

この乳酸化作用によって、レシチンは体内の過剰なコレステロールを引き付け、代謝することでコレステロール値を下げるのに一役かってくれるのです。

レシチンは上記にあるように、いくつかの食品に含まれていますが、ここで取り上げる「大豆レシチン」は、卵黄レシチンよりもコレステロール値が低いという利点があります。

大豆レシチンは、身体に必須といわれるリノール酸とリノレン酸を多く含みます。

また、神経機能を高め、記憶力や集中力を上げたり、認知症の予防と改善に役立つという物質ホスファチジルコリンも含みます。